大会案内

開催概要

名 称:
日本精神分析学会第64回大会
会 期:
2018年11月23日(金)〜11月25日(日)
会 場:
京都国際会館  606-0001 京都市左京区宝ヶ池
会 長:
福本 修
実行委員長: 生地 新
副実行委員長:岡野 憲一郎
実行委員会: 近畿地区の運営委員と会員有志


シンポジウム

精神分析におけるトラウマ

司 会:
岡野 憲一郎
池田 政俊
シンポジスト:
吾妻 壮
奥寺 崇
平井 正三
討論者:
池田 暁史
脇谷 順子

プログラム

講演と討論:Trauma, Silence, and Dissociation (トラウマ、沈黙、そして解離)

演 者:
Donna Orange
司 会:
富樫 公一
討 論:
福本 修、岡野 憲一郎

編集委員会企画:書くことの精神分析

教育研修委員会企画:特別入門編「精神分析をどう学ぶかSeason.2 −座学から参画へー(仮)」

教育研修セミナー

臨床(ケース)セミナー

ランチョンセミナー

研修症例,一般演題,シンポジウム関連演題,指定討論演題

詳細は大会プログラムに掲載されます。


演題登録

受付期間:2018年4月2日(月)〜2018年5月7日(月)17:00

演題登録を締め切りました。

参加手続

会 員:
8月上旬送付予定のプログラムに掲載する「大会参加者へのご案内」をご確認ください。
非会員:
プログラム送付を希望される方は8月中旬以降に設置される申込フォームからお申込下さい。

事前参加登録

準備中(8月中旬以降に開始予定)

託児室のご案内

会場内に託児室(事前予約制、人数制限あり)を設置します。
なお、実費の一部を負担していただくことがあります。決定次第、このページ内でご案内いたします。

大会(教育研修セミナー、臨床(ケース)セミナーも含む)の参加資格

 
会員(正会員と名誉会員)の方は無条件で参加できます。
 
非会員:下記の参加条件【1】【2】の両方を満たすことが必要です。
【1】 医師、サイコロジスト、ソーシャルワーカー、保健師、看護師、作業療法士、教諭、養護教諭、臨床活動に携わる大学院生など臨床上の守秘義務を持つ専門家であること。
【2】 参加申込の際、以下a,bのどちらかの書類を送付すること。
 
a)  推薦状:特に雛型はありません。
参加希望者の氏名・住所・勤務先・職種などの記載と「臨床活動に携わる守秘義務を持つ専門家である」または「臨床系大学院生である」といった内容を含む推薦状で、会員である推薦者の署名捺印のあるもの。
b)  身分証明できる書類:以下のいずれかが必要です。
「精神保健指定医証」、「医師免許証」、「臨床心理士登録証明証」等のコピー、所属長(理事長・院長・所長等)の発行した勤務証明書
※運転免許証、パスポート、保険証は不可

お問い合わせ先

【日本精神分析学会第64回大会運営事務局】
〒102-0075 東京都千代田区三番町2三番町KSビル
(株)コンベンションリンケージ
TEL : 03-3263-8697   FAX : 03-3263-8687    E-mail : jpa64@c-linkage.co.jp

このページTopへ